Weblog

長瀞の花火

夏真っ盛り!と思いきや、一転して涼しい日が続きますね。
近くのコンビニエンスストアでは、もうおでんと肉まんが売っててびっくりしました!
セミの鳴く中でおでんと肉まん。なんとも風流…?と少し悩んでしまう龍蔵ですこんばんは!

そんなこんなで、長瀞船玉まつりに行ってきたんです。
僕にとっては毎年の恒例行事なのですが、今年は出遅れてしまって着いたのは17時過ぎ。
河川敷はどこも満席…。なので、今年は離れた場所から見ることにしました。

はじける花火

これが意外といいもので!
虫の音だけの静寂の中、響き渡る花火の大音響。
外灯の少ない暗闇の中、光り輝く寸玉尺玉。

踊る花火

間近でみるのとはまた違った趣がありました。
なんとなく、風情を感じるような…。

古き良き、「夏だなぁ」といった感じでした。
豚の蚊取り線香もあればなおよかったのに。

降り注ぐ花火

でも岩畳に寝そべって、大花火の「響き」を腹で感じられるのも船玉まつりの魅力のひとつです。
夜空に広がる花火は、まるで星が降ってくるようでとても感動的ですよ!

もし、体験したことの無い方がいたら、ぜひ来年行ってみてはいかがでしょうかっ!

尺玉全景

じゃあ来年はどこから見ようかな、なんて考えてみると…。
やっぱり特別観覧席からですね!
なぜなら、万灯船や灯篭と一緒に花火を写してみたいからです。

そんな夢を見ながら今日はこのへんで!

2件のコメントがあります

Feature
About

このブログはフォトグラファーとスタッフの二人で書いています。

Rywzo (Photographer)
Rywzo's post

Anmi (Staff)
Anmi's post

Search
Categories
Tag cloud
Archives